白内障とは

#01こんな症状を感じたら

#なんだか最近、目がかすんでぼやけて見える

#遠くが見えにくい・・・視力が落ちたかしら

#太陽の光や対抗車のライトがまぶしく感じるなぁ
いつもとちょっと違う症状を感じても、
「疲れているせいかな」「年齢を重ねたから仕方ない」と、
そのままにしていませんか?
加齢によって誰にでも起こる老化現象のひとつ。それが「白内障」です。早ければ40代から、80代になるとほとんどの人に症状があらわれます。ですが、心配はいりません。医療機器や治療法の進歩によって、現代では白内障は安全に完治できる病気です。目について気になる症状を感じたら、「白内障」の可能性も考えて、お医者さんに診てもらいましょう。

#02白内障の原因は?

白内障は、様々な原因によって眼の中の水晶体という部分が濁る病気です。水晶体は、カメラのレンズのような役割を果たしています。くもったレンズのままカメラをのぞくと、ピントが合わずぼやけて見えにくくなるように、白内障になると、水晶体を透過した光が眼底に届かず、視界がぼやけてみえたり、光をまぶしく感じたりする症状を引き起こします。この症状が進行すると、視力が低下して眼鏡でも矯正することができなくなるのです。
白内障の多くは加齢による「老人性白内障」で、全体の9割以上を占めています。その他にも、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの疾患と合併し引き起こす白内障、妊娠中の風疹感染によって生まれつき発症する先天性白内障、ケガなどの外傷性によるものや、薬剤の副作用で起きるものが挙げられます。

#03治療法

一度濁った水晶体を透明な状態へ戻すことは、現時点で難しいとされています。ただし、濁りが生じないための予防法や、進行させないための治療法は様々な研究が進んでいます。また、手術によって水晶体の濁りを取り除き、眼内レンズを挿入することで、クリアな視界を取り戻すことも可能。症状が進行してしまっても、手遅れになるということはありません。安心してお医者さんに相談してみてください。
<白内障手術>

・角膜を小さく切開し、濁った水晶体を超音波で砕いて吸引

・あらかじめ検査によって選択した眼内レンズを挿入

・手術時間は数分~30分ほど。局所麻酔で痛みはほとんど感じません

・現在では、日帰りの手術が一般的です

<眼内レンズ>

白内障手術で使用される眼内レンズは、アクリルやシリコーンなどでつくられた柔らかな安全素材。メンテナンスも不要で、一度挿入したレンズは基本的に取り換える必要がありません。大きく分けて「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があり、手術前の視力や左右バランスといった検査結果とご本人の希望によって、どちらにするかを選択します。他にも、老眼用、乱視矯正ができるものなど、眼内レンズは急速に進化し続けています。目の状態やライフスタイルに合わせて、医師に相談しながら最適なレンズを選びましょう。

白内障は、加齢によってほとんどの方に起こる症状ですが、
今では完治することのできる病気です。
少しでも気になることがあれば、お医者さんに相談しましょう。